目の疲れと肩こり

目の疲れと肩こり


最近では、パソコンやテレビゲームの長時間使用により、目だけでなく、体や心にも影響を及ぼすVDT症候群という病気が増えているようです。


疲れ目の疲労回復方法


@まず目の疲れを感じたときには、温めたタオルをまぶたの上に乗せて5分ほど置く。


Aその後冷たいタオルを同じようにまぶたの上に乗せて5分程おく。


そうすると目の疲れ・充血が取れ、血行も良くなるので疲れが取れます。


この目の疲れを取る方法は、今日家に帰ってもすぐに出来るので試してみてください。


また、オフィスでも休憩時にできるだけ遠くを見るようにしたり、まぶたの周辺を軽くマッサージするようにしてくださいね。


■肩こり


肩こりの解消にもやはり血行を良くすることが必要とされるので、適度な運動やストレッチ、ぬるめのお風呂にゆっくりつかって体を温める、マッサージをするなどが一般的ですね。


お風呂に入るときは、アロマオイルを数滴入れるとよりリラックスできます。


オフィスでも40〜50分に一度席を立つようにしたり、肩の上げ下げをしたりずっと同じ姿勢のままでいないようにこころがけましょう。




Copyright (c) 疲れ目. All rights reserved.


疲れ目のサイトTOPへ

目の疲れからくる頭痛

目の疲れからくる頭痛


目の疲れからくる頭痛の種類を3種類上げてみました。原因などを見極め解消しましょう。



■緊張型頭痛・・・頭が重く、圧迫されているように痛む。肩こりもある

最も多いのがこの緊張型頭痛。

ストレスや疲労が影響し、首の緊張や眼精疲労が加わって起こります。

頭が締めつけられたように感じや、後頭部が重くなります。

特に、昼頃から夕方にかけて仕事が立て込んでくると痛みを訴える人が多いようですが、仕事が続けられないほどの痛みではないようです。

根本的には、ストレスや疲労の原因を取り除いたり、生活習慣の改善を行わない限り、痛みとは離れられません。



■片頭痛・・・こめかみのあたりがガンガン痛む。仕事に手がつかない!

次に多いのが、片頭痛。

片側か両側のこめかみのあたりがズキンズキンと振動するように痛みます。

なぜか母親から娘に遺伝するといわれ、4対1の割合で女性に多い頭痛です。

この頭痛はいったん縮んだ血管が拡張したときに起こるため、緊張がほどけたときや入浴したとき、週末などに多発し、「週末頭痛」などといわれています。

月に1〜2回、4〜3時間ほど続き、痛みが激しいときには仕事に手がつかなくなることも。
女性の場合、ホルモンの増減によって血管の収縮に変化が現れるため、月経周期にあわせて起こることが多いようです。

吐き気やおう吐を訴えたり、光や音の刺激に敏感になるのも特徴的で、睡眠不足や過眠、アルコールのとりすぎなども影響しています。



■群発頭痛・・・目をえぐられるような痛み。じっとできずに暴れだすことも!

これは少ないのですが、いちばん激しく痛む群発頭痛。

20〜30代の男性に多い頭痛です。

この頭痛は、「片方の目に槍を突き刺さされて、グリグリかき回されたような痛み」などと表現する人が多く、緊張型頭痛や片頭痛の比ではないといいます。

数年に1回、ひと月半から2ヶ月くらい、毎日決まった時間(夜中の2時くらいが多い)に1時間ほど起こることが多く、悲しくないのに涙がボロボロ出たり、風邪をひいていないのに鼻水が止まらなくなります。

痛みは想像を絶するものがあるようで、頭を抱えたままのたうちまわり、とてもじっとしてはいられなくなるそうです。

壁に頭をがんがんうちつけたり、ハンマーで頭をたたいたりして痛みから逃れようとする人も多いようです。




Copyright (c) 疲れ目. All rights reserved.


疲れ目のサイトTOPへ

目の疲れに効くマッサージ

目の疲れに効くマッサージ


テレビやパソコン画面を見続けて目の疲れを感じたら、目の疲れを取るマッサージをしてみましょう。


1分でできる簡単な疲れ目にいいマッサージ方法をご紹介します。


実際に読みながらやってみて下さい。


1.両手をこすり合わせて手を温めマッサージの準備をします。


2.人差し指と中指で目の周りの硬い骨の部分を軽く押していきます。

指の腹の部分をつかって目の周りの血行を良くするように、周りを押さえていきます。

眼球じたいを押さえないで、目の周りの骨の部分をやさしく押していきます。

押さえるだけでなく、指を小さく回転させながらマッサージしてもいいでしょう。


3.その指の形のまま、こめかみに軽く指を当て、回しましょう。

そっとこめかみに指を押し当てて優しく回して下さい。

目に疲れがたまっていたら、どこかで痛みを感じることもあります。

その場合はとくにその部分を優しくマッサージしてあげましょう。


以上が目の疲れに効くマッサージです。


簡単ですよね。これで疲れ目もかなり楽になるでしょう。


目が疲れたときにこれを行うようにしてみましょう。


そうすればきっと、いままでと目の疲れ具合が違うことを感じてもらえることでしょう。



Copyright (c) 疲れ目. All rights reserved.


疲れ目のサイトTOPへ

疲れ目に効くツボ

疲れ目に効くツボ


今回ご紹介するのが「疲れ目に効くツボ」。


これはご自分でできる簡単な方法ですので、是非、参考にしてみてください。


この疲れ目に効くツボを天柱(てんちゅう)と呼びます。


肩や首のこりを伴う疲れ目にはこのツボが一番です。


■疲れ目に効くツボを天柱の場所とやり方


後ろ首の髪の生え際で、2本の太い筋肉の外側のくぼみにある。


両手の4本の指を組んで後頭部にあてて親指の腹がちょうどツボにあたるようにし、そのまま頭を後ろに傾けて指圧するとよい。


疲れ目、肩こりをはじめ、頭痛や慢性甲状腺病にまで効く。


その他にも「太陽(たいよう)」「瞳子リョウ(どうしりょう)」「睛明(せいめい)」というツボがあります。


こられも疲れ目に効果がありますので、覚えておきましょう。


●太陽(たいよう)

眉じりの外側と目じりの外側の中間あたり。人差し指、または親指の腹で、始めは少し弱めに、力を少しずつ加えて、最終的にはしっかりと押す。


●瞳子リョウ(どうしりょう)

目じりの指幅1本外側の骨のくぼみ。人差し指の腹で、左右同時に少しずつ力を入れて2秒くらい押し、これを繰り返すようにする。疲れ目の治療には、必ず用いられる大切なツボだ。


●睛明(せいめい)

目頭と鼻柱の間にあるくぼみ。指の腹で静かにもむように押す。眼球を押さないように注意。




Copyright (c) 疲れ目. All rights reserved.


疲れ目のサイトTOPへ

疲れ目とは

疲れ目とは、医学的には「眼精(がんせい)疲労」といい、「目が疲れた」という症状をさします。


具体的に疲れ目は、目が重い、ショボショボする、目が痛む、かすむ、充血するなどに加え、頭痛や肩こり、吐き気が起こる場合もあります。


疲れ目の原因はといいますと大きく3つの疲れ目の原因があります。


1, 目に異常がある場合。


ドライアイ(涙が少なくなって、目の表面が乾く)、目の調節機能の衰弱、近視、乱視、遠視、老眼、外斜視(がいしゃし・片目がまっすぐ向いて、もう片方の目が外側を向いている)、まれに緑内障(りょくないしょう・眼球の圧力が高くなる)、ブドウ膜炎など。


2, 体の状態が悪い場合。


ストレス、過労、睡眠不足、内科の病気(高血圧、低血圧、貧血、糖尿病、胃腸病など)、更年期障害など。


3, その他。


めがねやコンタクトレンズが合っていない場合、細かい活字などを長時間みたり、コンピュータ作業や車の運転を長時間している人、など。 最近はドライアイが原因で起こるケースが増えており、患者全体の約60%を占めます。




Copyright (c) 疲れ目. All rights reserved.


疲れ目のサイトTOPへ
タグ:疲れ目
[PR]簡単ダイエットで理想の体型を!簡単ダイエット方法|片思い|片思いを両思いに|片思い告白|恋愛片思い||神戸市中央区キャッシング|ちわわ大好き♪ちわわ生活|メタボ予防対策|即日融資キャッシング|パニック障害闘病記/あなたも一緒に克服しましょう!|パニック障害を克服しよう!パニック障害お助けHP|片思い成就!片思いを両思いに|ハゲ予防!若ハゲ予防対策|がん治療方法.jp|掛け捨て保険.jp|還暦お祝い|チワワのすべて♪ちわわ大百科|強度近視も視力回復!強度近視解消|英語勉強法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。